「承認欲求」とは?意味や使い方を解説!

「承認欲求」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「承認欲求」について解説します。

目次

  1. 承認欲求
  2. 承認欲求の意味とは
  3. 承認欲求を使った文章・例文

承認欲求

承認欲求」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

主に若年層に向けて使われることの多い言葉で、本来の意味から少し外れて用いられるようになってしまった言葉でもあります。

中には周囲を困らせ、世間を騒がせ、「イタイ」や「ただのかまってちゃん」と揶揄される場合もあります。

ここではそんな「承認欲求」について詳しくご紹介していきます。

承認欲求の意味とは

承認欲求とは、「他人から認められたい、認めてほしいと思う感情」のことを指します。

本来は他人から認められたいと思い他社承認と、自分自身が理想通りの人間なのかという自己承認の2種類の承認欲求がありますが、主に前者を指して使われます。

さらに、この欲求を満たすために正しく努力する場合と、(安易な行動に走るもの)の2種類に分かれ、特に後者の場合は「イタイ(痛い)子」や「かまってちゃん」といった言われ方がされます。

過去には業務用の冷蔵庫や食器洗浄機の中に入った写真をSNSに投稿するという事件もありましたが、その際にもそうした行いをしてしまうのは満たされない承認欲求によるものだと見られます。

承認欲求を使った文章・例文

  1. 承認欲求が強いだけで行動が伴わないと、単に努力せずに認めてもらいたいだけのイタイやつでしかない。
  2. 認めてほしいという承認欲求がSNSに向かったとしても、正しく作用すれば問題ない。
  3. 承認欲求が満たされないがゆえに、かまってちゃんをさらにこじらせてしまい、手が付けられないくらいイタイ子になってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ