「研鑽」とは?意味や読み方を解説!

「研鑽」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「研鑽」について解説します。

目次

  1. 研鑽
  2. 研鑽の意味とは
  3. 研鑽を使った文章・例文

研鑽

研鑽」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「けんさん」となります。

この「研鑽」という言葉は漢字が複雑で、読み方も難解であるため日常会話で使われる機会は少ないです。
堅苦しいイメージのある言葉で、ビジネスの場では使われることがあります。

また、研鑽という言葉が入った「自己研鑽」という言葉もあります。
読み方は「じこけんさん」となります。
よく「自己研鑽が大切。」といった表現で使われます。

今回は、研鑽という言葉について自己研鑽も含めて詳しく解説するので、深く知っていきましょう。

研鑽の意味とは

研鑽(けんさん)とは「学問などを本質的に理解し、深く極めること。」という意味になります。

よく「研鑽を積む。」や「研鑽を重ねる。」といった表現をします。

また、「自己研鑽(じこけんさん)」という言葉は「自分自身のスキルや能力などを本質的に極めること。」という意味になります。

よく、ビジネスやキャリアアップの成功に大切な理念として、この自己研鑽という言葉を用いることがあります。

また、赴任先での決意表明などで「自己研鑽を怠らず邁進いたします。」といったように使われます。

研鑽を使った文章・例文

  1. キャリアアップには自己研鑽の積み重ねが大切となる。
  2. 彼女は自己研鑽を怠らず、何事にも前向きに取り組む姿勢が評価され重要なポストを任されることになった。
  3. 自己研鑽を重ねる上司が言う言葉には説得力がある。
  4. 完全な実力主義のこの現場では自己研鑽を怠らないことが最も重要と言える。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ