「戯言」とは?意味や使い方を解説!

「戯言」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「戯言」について解説します。

目次

  1. 戯言
  2. 戯言の意味とは
  3. 戯言を使った文章・例文

戯言

戯言」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「たわごと/ぎげん/けげん/ざれごと」となります。

この「戯言」という言葉は漢字が難しく、読み方が複数あり難解なので、日常会話やライトな表現で使われることはあまりありません。

一般的には、「たわごと」と読むことが多く、小説の中で文学的表現として用いられることが多いです。

今回はこの「戯言」について、読み方による意味の違いなどを詳しく解説するので、深く知っていきましょう。

戯言の意味とは

戯言の意味について、読み方ごとに解説します。

まず戯言(ぎげん)の意味は「ふざけて言う言葉。冗談。」になります。

続いて戯言(けげん)の意味は「冗談。ざれごと。」となります。

そして戯言(たわごと)の意味は「馬鹿げている言葉。戯れ言。しれごと。世迷いごと。戯けた言い草。」となります。

このように、読み方によって意味のニュアンスが少しずつ異なります。

また、古くは「たわこと」と濁らない読み方をしていた時代もありました。

一般的には、「たわけた言い草」や「ふざけて言う冗談」といった意味合いで使われることが多いです。

戯言を使った文章・例文

  1. 彼は会議で重い空気になった際にユニークな冗談を言って場を和ませようとしたが、上司に戯言を言うなと一蹴されてしまった。
  2. ユニークな言葉と戯言との違いを説明するのは難しい。
  3. 君のミスで取引先が激高しているのに戯言を言っている場合か。
  4. 真剣な話が苦手だからといって戯言ばかり言っていると、周囲の信頼を失ってしまうよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ