「適者生存」とは?意味や使い方を解説!

「適者生存」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「適者生存」について解説します。

目次

  1. 適者生存
  2. 適者生存の意味とは
  3. 適者生存を使った文章・例文

適者生存

適者生存(てきしゃせいぞん)」という言葉をご存知でしょうか?
おもに生物学の分野で使われる言葉ですが、最初に提唱したのは生物学者ではなく、ハーバート・スペンサーという社会学者でした。
今回は「適者生存」について解説します。

 

適者生存の意味とは

「適者生存(てきしゃせいぞん)」とは、「ある環境の中で最も適応した生物が生き残ることで進化していく」という考えのことです。最適者生存とも。英語で「survival of the fittest」

イギリスの哲学者・社会学者であるハーバート・スペンサーが著書『Principles of Biology』の中で提唱した概念であり、造語です。
自然科学者チャールズ・ダーウィンは、著書『種の起源(第6版)』の中でこの考え方を「生存競争」「自然選択」という表現で取り入れました。

一般に『種の起源』と呼ばれている本の正式なタイトルは、『自然選択の方途による、すなわち生存競争において有利なレースの存続することによる種の起源』(原題:On the Origin of Species by Means of Natural Selection, or the Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life)といいます。
 

適者生存を使った文章・例文

1.生物の進化の鍵は適者生存にある。
2.スペンサーの適者生存の概念を、単純に弱肉強食だと言い換えるのは間違いである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ