「流星」とは?意味や使い方を解説!

「流星」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「流星」について解説します。

目次

  1. 流星
  2. 流星の意味とは
  3. 流星を使った文章・例文

流星

皆さんは、「流星(りゅうせい)」という言葉をご存知でしょうか。
天体現象の一つで、「流れ星」や「流星群」という形で耳にすることも多いと思います。

この記事では、「流星」の意味を解説させていただきます。

流星の意味とは

「流星(りゅうせい)」とは天体現象の一つで、「宇宙のチリが落ちて、地球の大気に入り、発熱する際の発光現象」のことを言います。大きなチリになると、燃え尽きずに「隕石(いんせき)」として地球上に落下する場合もあります。
「流れ星(ながれぼし)」の方が馴染みがあるかも知れません。
この「流星」が天球上の一点を中心に放射状に出現する現象を「流星群(りゅうせいぐん)」と呼びます。

また、「流星」と「彗星(すいせい)」は混同されやすいのですが、全く違うものです。
「流星」は先程も解説した通り、「宇宙のチリが燃えたもの」です。
これに対し「彗星」は「太陽系の小天体」です。
つまり、木星や土星などの惑星と同じように、地球の周りを旋回している星のことです。
大きな違いとして、「流星」は一瞬で光が消えますが、「彗星」は尾を引いているような姿になり、長時間見続けることが可能です。

流星を使った文章・例文

ここで、「流星(りゅうせい)」を使った例文をご紹介します。

1.昨日は空が澄んでいて、流星を見ることもできた。
2.もうすぐしし座流星群の時期だから、今からでも天体の勉強をしておかないとね。
3.昨日の流星群は本当に見事だった。
4.流星ってキレイだけど、言ってみれば宇宙のチリなんでしょ?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ