「凱旋」とは?意味や使い方を解説!

「凱旋」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「凱旋」について解説します。

目次

  1. 凱旋
  2. 凱旋の意味とは
  3. 凱旋を使った文章・例文

凱旋

皆さんは、「凱旋(がいせん)」という言葉をご存知でしょうか。
フランス・パリの「凱旋門(がいせんもん)」があるので、全く見たことも聞いたことも無い言葉だという人はほとんどいないと思います。
しかし、意味が分からないという人も少なくありません。

この記事では、「凱旋(がいせん)」の意味を解説させていただきます。

凱旋の意味とは

「凱旋(がいせん)」とは、「戦いに勝利して帰ること」を意味します。
元々は戦争に勝利して帰って来る、という意味で使われていました。
フランスの凱旋門も、ナポレオンが戦争に勝利して帰って来たことを祝して建設されたものです。

芸能人などが上京や海外進出を果たし、「成功して帰って来ること」も「凱旋」と言います。
オリンピックなどのあと、ニュースで「凱旋パレード」という言葉を何度も聞いているかと思います。
他にも、音楽の分野ではマイナーだったインディーズバンドが成功して地元で「凱旋ライブ」というものを行うこともあります。お世話になった地元やライブハウスに音楽で恩返しをする意味があります。

凱旋を使った文章・例文

ここで、「凱旋(がいせん)」を使った例文をご紹介します。

1.凱旋門は写真で何度も見たけど、生で見るとやっぱりすごいなぁ。
2.オリンピック選手が見事金メダルを獲り、地元で凱旋パレードを行った。
3.応援していたバンドがメジャーデビューを果たし、凱旋ライブが決定した。
4.吹奏楽部がコンクールで優秀賞を獲り、地元高校へ凱旋した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ