「自意識過剰」とは?意味や使い方を解説!

「自意識過剰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「自意識過剰」について解説します。

目次

  1. 自意識過剰
  2. 自意識過剰の意味とは
  3. 自意識過剰を使った文章・例文

自意識過剰

皆さんの周りに「自意識過剰」な人はいるでしょうか。身近な人が自意識過剰だと、ちょっと困ることもありますね。
しかし、この「自意識過剰」という言葉の意味を、誤解して使っている人は意外に多いようです。

今回は「自意識過剰」という言葉について詳しく解説します。

自意識過剰の意味とは

自意識過剰とは「自分自身のことに関して必要以上に意識している人」という意味です。
周りからどう見られているかということを過剰に気にしており、頻繁に身だしなみをチェックしたり、他人からの評価に大きく一喜一憂する傾向にあります。

よく意味を混同される言葉に「自信過剰」があります。
この言葉の意味は「自分を過剰に高評価している人」ですが、「自意識過剰」はむしろ自分で自分を評価することができず、他人の目を常に気にしている卑屈な人です。
他人の評価が基準であるため自分を高評価しているとは限らず、むしろ必要以上に自分はダメだと思い込んでいる可能性もあります。

自意識過剰な人たちは他人からどう見られているかを過剰に気にするので、時としてその評価に関して思い込みをする傾向にあります。その思い込みに基づいて行動すると、人間関係にトラブルを引き起こしてしまいます。
特に大きく問題になりやすいのが恋愛に関することです。異性の些細な言動から自分に気があると思い込んでしまい行動を起こしてしまった結果、実際は何とも思っていなかった相手が迷惑をこうむるケースは少なくありません。その最たるものはストーカーだと言えるでしょう。

自意識過剰になって他人に迷惑をかけないようにするためには、冷静に自分を見つめなおすことが大切です。
時には一人になってみるのもいいのではないでしょうか。

自意識過剰を使った文章・例文

  1. あの人、鏡ばっかり見ているよ。自意識過剰だなあ。
  2. 人と会話するのに上がってしまうのは、自意識過剰な証拠だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ