「デジャブ」とは?意味や使い方を解説!

「デジャブ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「デジャブ」について解説します。

目次

  1. デジャブ
  2. デジャブの意味とは
  3. デジャブの使い方・例文

デジャブ

デジャブ」という言葉は、小説や映画でよく目にする言葉ですね。最近では一般的な言葉になっていて日常生活の中で聞く機会も多いかもしれません。

日本語では「既視感」とされる言葉ですが、詳しい意味やなぜ起こるのかを理解している人は少ないかもしれません。夢との関連など、様々な観点でメカニズムの解明に向けた努力もされています。

この記事では「デジャブ」の意味や使い方、デジャブが多い人の特徴などを解説します。

デジャブの意味とは

「デジャブ」は日本語に訳すと「既視感」になります。

読んで字の通り「既に経験したことがある感覚」のことを意味します。初めて経験する場面なのに、なぜか昔に見たことがある気がする。そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

「デジャブ」については、多くの説が提唱されています。例えば、脳の誤作動だとする説。脳が瞬間的に正常に働かなかったことによって、錯覚のような形でデジャブが生じてしまっているという説です。

また、夢と関連させて説明している説もあります。記憶していない無意識の夢で既に経験していたことが現実に起こって、それを「デジャブ」と認識しているとする説です。

また、「デジャブ」が多い人の特徴についても言及されています。多感な時期である15歳~25歳、頭が良い人、旅行に多く行っている人などには「デジャブ」が起こりやすいと言われています。

デジャブの使い方・例文

  1. 彼は初めて旅行に行ったアメリカの地でデジャブを感じた。なぜか異様にその場が懐かしいのだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ