「UI/ユーザーインターフェース」とは?意味や使い方を解説!

「UI/ユーザーインターフェース」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「UI/ユーザーインターフェース」について解説します。

目次

  1. UI/ユーザーインターフェース
  2. UI/ユーザーインターフェースの意味とは
  3. UI/ユーザーインターフェースを使った文章・例文

UI/ユーザーインターフェース

UI/ユーザーインターフェース」という言葉は、コンピュータに詳しい人やゲームをよくやる人にはなじみ深い言葉かもしれません。最近では、ビジネスの現場でもよく聞くようになってきた言葉ですね。

徐々に一般的になってきている「UI/ユーザーインターフェース」ですが、多くの人にとっては、なんとなくイメージできてもよくわからない印象ですね。

この記事では「UI/ユーザーインターフェース」の意味や使い方などを解説します。

UI/ユーザーインターフェースの意味とは

「UI/ユーザーインターフェース」は英語のUser Interfaceが語源です。User Interfaceの頭文字を取ってUIとも呼ばれますね。

「UI/ユーザーインターフェース」の意味は「ユーザーとコンピューターの間での情報のやり取りを仲介する仕組み」のこと。主にコンピューターの画面の表示や操作方法などを意味します。

最近のデバイスでは操作感が重視されるので、優れたユーザーインターフェースを持った商品はそれだけで購買意欲をそそります。

「UI/ユーザーインターフェース」の中でも、操作方法は大事なポイントです。現在主流になっているのがGUI。かつてはCUIといって、キーボード入力だけでコンピュータを操作していましたが、今ではマウスを使って画面上でカーソルを動かすGUIが一般的になっています。

また、ゲーム制作の現場でも「UI/ユーザーインターフェース」が重視されています。

 

UI/ユーザーインターフェースを使った文章・例文

  1. 最近のゲームでは操作感やグラフィックなどのユーザーインターフェースが非常に重視されるようになってきている。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ