「感極まる」とは?意味や使い方を解説!

「感極まる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「感極まる」について解説します。

目次

  1. 感極まる
  2. 感極まるの意味とは
  3. 感極まるの使い方・例文

感極まる

感極まる」という言葉について解説します。

おそらく皆さんがこの言葉を使う場合は、「感極まって涙する」のように「感極まって」という言い回しになることが多いかと思います。

そんな「感極まる」という言葉ですが、この言葉の意味や使い方をしっかりと把握し、整理できているでしょうか?

悲しい、悔しいといった否定的な感情や、悪い意味で用いると誤用になりかねない言葉なので、一度ご覧になってみてください。

感極まるの意味とは

感極まるとは「ひどく感動する。感激する」という意味の言葉になっています。

極まるは「ギリギリまで達する・限度がくる」という意味なので、感動が限界に達するとなります。

なので、悲しい・悔しいという負の感情や悪い意味において「感極まる」という言葉は使わないので、注意しましょう。

ポジティブな意味で「感極まって泣く」という使い方はしても、悔しさが限界を超えて「感極まって泣く」とは使わないので気をつけてください。

感極まるの類語

感極まるの類語や言い換えを紹介していきます。

類語を知ることで誤用を防いだり、意味を把握する上で役に立ててみてください。

  • 万感胸に迫る
  • 胸がいっぱいになる
  • 魂が揺さぶられる
  • 感無量になる
などが同じ意味合いとして挙げられます。

感極まるの使い方・例文

  • 試合後のインタビュー中に感極まった彼は、言葉を絞り出すように答えた。
  • ラストコンサートに来たファンの中には、ライブが始まる前から感極まっている人がちらほらいた。
  • その試合に興奮を覚えたものの、感極まるほどではなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ