「オカルト」とは?意味や使い方を解説!

「オカルト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オカルト」について解説します。

目次

  1. オカルト
  2. オカルト(occult)の意味とは
  3. オカルトを使った文章・例文

オカルト

オカルト」という言葉について解説します。

UFO(未確認飛行物体)やUMA(未確認生物)などの話題になると必ず見聞きするオカルトという言葉ですが、皆さんはこの言葉の意味をちゃんとご存知でしょうか。

なんとなく「こんな感じのもの」というイメージはあるかと思いますが、ここではオカルトという言葉の意味や使い方、オカルトとは何かについて紹介していきますのでぜひ最後までご覧になってみてください。
 

オカルト(occult)の意味とは

オカルトとは「超自然の現象・神秘的現象」「目に見えないこと・隠れて見えないこと」という意味の言葉となっています。

occultは英語で「神秘的現象」を意味する言葉ですが、元々はラテン語のocculta(隠されたもの)を語源としており、

目に見えないものや、触って感じたりできないものを意味しています。

 

オカルトとされるもの

かつては、ニュートンが提唱した「万有引力」も、見えないものを論じているといわれ、オカルトというレッテルを張られていました。

このように時代によって何がオカルトなのかは変わる場合があります。

現代では、非科学的・非論理的なもの、幽霊・UFO・超能力・魔術などの科学的実証がされていないものを「オカルト」と呼ぶことが多いようです。

目に見えないもの、触れられないもの、非論理的なものとして広く捉えるなら、経験則や虫の知らせなどもオカルトの範疇に入るといえそうです。

オカルトを使った文章・例文

  • オカルト嫌いな彼でさえ幽霊を見たと言うなら信憑性が出てくる。
  • 目くじらを立ててオカルトを否定しても、人生楽しくならない気がする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ