「玉子」と「卵」の違いとは?意味を解説します!

「玉子」と「卵」の違いについてご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「玉子」と「卵」の違いについて解説します。

目次

  1. 「玉子」と「卵」
  2. 「玉子」と「卵」の違い
  3. 「玉子」と「卵」の使い分け

「玉子」と「卵」

玉子」と「」の違い、正しく理解していますか。

卵焼きなのか、玉子焼きなのか、あるいはゆで玉子なのかゆで卵なのかと、議論になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どちらの字も普段何気なく使っている文字ですが、どういう状態の場合の時に「卵」で、どんな時に「玉子」と呼ぶのか実は明確な区分がされているのです。

中にはブランドの違いだと勘違いしているケースもあるため、ここでしっかりと違いを理解して、正しい使い分けを身に付けましょう。

「玉子」と「卵」の違い

両者の違いは、「卵が調理前の状態」で、「玉子が調理をした状態」となります。

調理後なので、「たまごやき」は卵焼きではなく玉子焼き。調理前なので「なまたまご」は生卵と表記され、生玉子とはならないので注意が必要です。

一つだけ特殊なのはゆでたまごで、茹でるという調理加工を加えているので本来であればゆで玉子と表記されるべきなのですが、ほとんどの場合で「ゆで卵」と表記されています。

殻を割っておらず、形も失っていないため「ゆで卵」と表記したくなるかもしれませんが、正しくは「ゆで玉子」という表記となります。

「玉子」と「卵」の使い分け

  1. 朝は目玉焼きよりも玉子焼き派だと言ったら、その場では自分一人しかいなくて、その後の話に混ざれなかった。
  2. 卵の殻を鍋の中に落としてしまったが、気づかれないようにこっそりと掬っておいた。
  3. トロットロの半熟の玉子を作れるようになるまでずいぶんとかかった。
  4. 生卵をそのまま飲み込むことには抵抗がある。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ