「安寧」とは?意味や使い方を解説!

「安寧」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「安寧」について解説します。

目次

  1. 安寧
  2. 安寧の意味とは
  3. 安寧の類語
  4. 安寧を使った文章・例文

安寧

安寧」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「安寧」という言葉は、少し堅苦しいイメージの表現なので、日常会話で使う機会は少ないかもしれません。

どちらかというと、話し言葉というよりは手紙や文書などで目にする言葉になります。

読み方は「あんねい」となります。

また、似た言葉に「安泰(あんたい)」や「静穏(せいおん)」などがあります。

今回は、これらの安寧の類語もご紹介します。

この機会に、「安寧」について詳しく知っていきましょう。

安寧の意味とは

安寧(あんねい)とは「平穏無事であること。特に、世の中が平穏で穏やかであること。」という意味になります。

よく、影響力のある人が平和を乱すような発言をして、それに対して抗議デモなどが起きた際に「あの人の発言は、社会の安寧を乱している。」といった表現をします。

また、社会が平和で穏やかな状態が続いていることを「社会の安寧を維持している。」と表現したりします。

また、看護の現場でもこの「安寧」という言葉が理念として掲げられています。

「患者が心配なく穏やかでいることができること。」といった意味合いになります。
 

>

安寧の類語

  • 静穏
  • 平安
  • 平淡
  • 安泰
  • 安静
  • 安穏
  • 閑寂
  • 天下太平

安寧を使った文章・例文

  1. 一人の身勝手な犯行によって社会の安寧は大きく乱された。
  2. 社会の安寧を維持するためには、経済や医療制度の発達だけでなく一人一人の心持が大切になる。
  3. 私はただ安寧に過ごしたいだけなのに、なぜこんなに災難が起こるのか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ