「俯瞰」とは?意味や使い方を解説!

「俯瞰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「俯瞰」について解説します。

目次

  1. 俯瞰
  2. 俯瞰の意味とは
  3. 俯瞰を使った文章・例文

俯瞰

俯瞰」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「ふかん」となります。

この「俯瞰」という言葉は、漢字が複雑で読み方も難しいですが、日常会話で自然に使うことが多いかと思います。

また、ビジネスの場で使うことがあり、自己啓発書などでも見かけることがある言葉になります。

よく「俯瞰で見る。」や「俯瞰的な構図」といった使い方をします。

今回は、この「俯瞰」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

 

俯瞰の意味とは

俯瞰(ふかん)とは「高い場所から見下ろすこと。眺めること。」という意味になります。

また、鳥瞰ともいいます。

鳥瞰は、地図や見取り図などの二次元の平面を眺めることに対して使われます。

俯瞰は、立体的なものを見る際に使われます。

よく「ビルの屋上から町を俯瞰する。」といった使い方をします。

このように、もともとの俯瞰の意味は、物理的に高い場所から見下ろすこととなりますが、比喩表現として「俯瞰」という言葉を使うこともあります。

むしろ、比喩表現として使う方が多い傾向にあります。

比喩表現として俯瞰という言葉を使う場合には「広い視野を持って、客観的視点で物事を見る。」といった意味合いになります。

使い方としては「自分の行いを俯瞰で見て、改める。」といった表現になります。

俯瞰を使った文章・例文

  1. ビルの上から俯瞰で見る景色は美しい。
  2. ドローンカメラが一般的に普及されたことで、俯瞰的構図の写真を簡単に撮れるようになった。
  3. 自分を俯瞰的に見ることで間違いや過ちに気づくかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ