「春うらら」とは?意味や使い方を解説!

「春うらら」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「春うらら」について解説します。

目次

  1. 春うらら
  2. 春うららの意味とは
  3. 春うららを使った文章・例文

春うらら

皆さんは、「春うらら(はるうらら)」という言葉をご存知でしょうか。

聞いたことがなくても、何だか胸踊る幸せそうな言葉に聞こえませんか?
この記事では、「春うらら(はるうらら)」の意味を解説させていただきます。

春うららの意味とは

>

「春うらら(はるうらら)」とは、「冬から春への移り変わりの時期」のことを言います。
冬の張りつめた空気が少しずつ暖かくなり、桜が少しずつ咲き始める季節の挨拶です。
春ののどかな雰囲気や穏やかな日の光を、こう表現します。
漢字では「春麗ら」と表記しますが、「うらら」とひらがなで書く方が、その柔らかなイメージからも一般的です。

語源は「うらうら」という、のどかな日の光や穏やかな空気のことです。
「春うらら」も、「春うらうら」という言葉を語源とします。

「春うらら」と似た言葉に、「春爛漫(はるらんまん)」があります。
「爛漫(らんまん)」という言葉には、「辺りに広がり、輝いている」という意味があります。
つまり、「春爛漫」とは、辺り一面に春がやって来た、桜が咲き誇っている、という印象です。
「春」「桜」を人々の希望に見立て、新しい環境に希望を抱いた人を迎える4月の挨拶にも使われます。

春うららを使った文章・例文

ここで、「春うらら(はるうらら)」を使った例文をご紹介します。

1.もう3月なのに、春うららとは程遠い寒々しい毎日だ。
2.少しずつ暖かくなり、梅の花も開いて来る季節を、春うららと言う。
3.春うららという言葉が相応しい季節になって来た。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ