プライオリティとは?意味や使い方を解説

日常生活では中々登場しない「プライオリティ」という言葉ですが、「プライオリティが低い・高い」「プライオリティを上げなさい」などビジネスの世界では多用されます。プライオリティの言葉の意味を把握しておきましょう。

目次

  1. プライオリティ
  2. プライオリティの意味とは
  3. プライオリティを使った文章・使い方
  4. まとめ

プライオリティ

ビジネスシーンでよく出てくる「プライオリティ」という言葉があります。プライオリティは普段日常会話で使っている方は少ないとは思いますが、ビジネスシーンではかなり登場する言葉で、新卒の方はいきなり現場でこの言葉を聞いて疑問に思う方もいるかと思うかもしれません。

ビジネスの世界では当たり前のように出てくる言葉ですので、覚えておきましょう。

プライオリティの意味とは

英語では「priority」と下記読み方は「プライオリティ」です。プライオリティは「優先権」「優先事項」「優先順位」「優先度」のような意味となります。

このような意味だけ見るとビジネスシーンでのみ登場するのかと思われるかもしれませんが、電車の優先席、空港ラウンジなどの会員特典のような日常生活の中でも「プライオリティ」という言葉が使われます。

プライオリティを使った文章・使い方

「優先権」「優先順位」という2つの意味でプライオリティを使った文章・使い方を紹介します。例文を見て使い方をつかみましょう。

優先権

  1. プライオリティは他社にある
  2. プライオリティを主張する
  3. 条約によるプライオリティ

優先順位

  1. プライオリティが高い/低い
  2. プライオリティを置く
  3. プライオリティを上げる

まとめ

ビジネスの世界ではプライオリティは当たり前のように出てくる言葉なので、ビジネスマンの方は覚えておいて損はない言葉です。日常生活でも優先席(priority seats)など決して見かけない言葉ではありませんので、覚えておきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ