「ジーザス」とは?意味や使い方を解説!

「ジーザス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ジーザス」について解説します。

目次

  1. ジーザス
  2. ジーザスの意味とは
  3. ジーザスを使った文章・例

ジーザス

ジーザス」という言葉の意味や使い方について解説します。

英語では「Jesus」と書きます。

この「ジーザス」という言葉は、「イエス・キリスト」の英語読みになりますが、感情表現や大きな出来事があった際のリアクションとして用いられることがあります。

よく洋画の中で、この「ジーザス」という言葉を聞いたことはないでしょうか。

日本では、あまり自然と使われる機会はありません。

今回はそんな「ジーザス」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

ジーザスの意味とは

ジーザス(Jesus)とは「イエス・キリストの【イエス】の英語読み。」という意味になります。

演劇や映画などの作品中のセリフで、この「ジーザス」という言葉が使われることが多いです。

また、感情的な表現として、「神様、助けてください。」や「おお神よ。」といった意味合いで使われることもあります。

この「ジーザス」という言葉を使う際の注意点としては、「なんてこった!」や「くそったれ!」というような下品な表現で用いられることもあるので、安易に言わない方が良いということです。

何か悪い出来事が起こった際のリアクションとして、「なんてこった!」という意味で「ジーザス」と言うことがあります。
 

基本的には、何か大きな良い出来事や、悪いことが起こった際のリアクション表現として用いられます。

ジーザスを使った文章・例

  1. 帰国子女の彼女に、サプライズプレゼントをしたら、ジーザスと言われて面を食らってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ