「スキーム」とは?意味や使い方を解説!

「スキーム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スキーム」について解説します。

目次

  1. スキーム
  2. スキームの意味とは
  3. スキームを使った文章・例文

スキーム

スキーム」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「スキーム」という言葉は、日本ではビジネスの場で使われることが多く、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

英語では「scheme」と書きます。

英語では「陰謀」や「謀略」といった意味を持ちますが、ビジネスの場では別の意味で使用されます。

よく「ビジネススキームを提示する。」や「連携スキームが必要。」などと表現します。

今回は、スキームについて詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

スキームの意味とは

スキーム(scheme)とは「枠組みを持った計画」などの意味を持つギリシャ語を語源とする言葉。または「計画」「枠組み」「体系」という意味になります。

英語でのスキームは「陰謀。謀略。」といった意味もあります。

日本では主に、「枠組みを持った計画」という意味で使われることが多いです。

例えば、政治や経済といった分野では「基本構想」や「基本計画」という意味で使われます。

事業の枠組みのことは「ビジネススキーム」といいます。

また、スキームと似た言葉に「plan」があります。

こちらもビジネスの分野でよく使われており、「計画」という意味を持ちます。

また、枠組みという意味の「フレーム」という言葉もありますが、この2つの言葉と「スキーム」の違いは、組織としての継続の見込みがあるかどうかという点になります。

スキームを使った文章・例文

  1. あの会社は、組織としての連携スキームがしっかりしているので、我々も見習うべきだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ