「旋律」とは?意味や使い方を解説!

「旋律」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「旋律」について解説します。

目次

  1. 旋律
  2. 旋律の意味とは
  3. 旋律を使った文章・例文

旋律

旋律」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は、「せんりつ」「メロディー」となります。

この「旋律」という言葉は、音楽の分野で使われます。

メロディーや節、ひとまとまりになった音などの意味を持ちます。

よく、「美しい旋律を奏でる。」や「魅力的な旋律を奏でている。」といった使い方をします。

専門性の高い言葉なので、詳しい意味までご存知の方は少ないかもしれません。

そこで今回は、「旋律」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

旋律の意味とは

旋律(せんりつ・メロディー)とは「音楽における基本要素のひとつで、メロディーや節という意味を持つ」「音の高低や長短の変化がリズムと連結されることで、ひとつのまとまりとなる音の流れ」「西洋音楽においては、ハーモニー、リズムと共に、音楽の三大要素のひとつとされている」「音響の形態を指す」という意味になります。

英語の「メロディー」の意訳であり、明治中期以降に日本で考えられた言葉だとされています。

また、旋律という言葉は、読み方が複数あり、与謝野晶子の作品の中では「ふしまはし」という読みで使用されたことがあります。

旋律を使った文章・例文

  1. ギター奏者の彼は、魅惑的な旋律を奏でるので女性のファンが多い。
  2. 天才肌のピアニストである彼女は、インスピレーションのままに鍵盤を叩き、美しい旋律を奏でている。
  3. このバンドは、ギターとベースの旋律が魅力的で幅広い世代のファンがいる

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ