「スーパーバイザー」とは?意味や使い方を解説!

「スーパーバイザー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スーパーバイザー」について解説します。

目次

  1. スーパーバイザー
  2. スーパーバイザーの意味とは
  3. スーパーバイザーを使った文章・例文

スーパーバイザー

スーパーバイザー」という言葉の意味や使い方について解説します。

英語では、「supervisor」と書きます。

この「スーパーバイザー」という言葉は、出版業やテレマーケティングなどの分野の肩書として主に使われます。

管理者や監督者といった意味を持ちますが、肩書が使われる業界によって意味合いが異なります。

やや専門性が高い言葉なので、耳馴染みのない方もいるかもしれません。

そこで今回は、「スーパーバイザー」の職業ごとの意味合いについて詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

スーパーバイザーの意味とは

スーパーバイザー(supervisor)とは「監督者」「管理者という意味になります。

役職や肩書として使用されることが多く、日本においてはSVと略されることも多い。コンピューターの分野においては【スーパバイザー】や【スーパバイザ】、【スーパーバイザ】と表記することがあります。

このスーパーバイザーという言葉は、出版業やテレビ制作などの職業においては「監修」という意味での肩書として使われます。

また、テレマーケティング分野においては、コールセンターの「現場管理者」という意味での肩書として使われます。

スーパーバイザーを使った文章・例文

  1. コールセンターでスーパーバイザーとして勤務している彼は、しばしばクレーム対応に追われて参っている。
  2. 小売業におけるスーパーバイザーは、消費者の細かな動向をチェックする必要がある。
  3. テレビ番組の製作では、偏向した内容にならないようスーパーバイザーの意見に耳を傾けることも大切だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ