「イマジナリー」とは?意味や使い方を解説!

「イマジナリー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「イマジナリー」について解説します。

目次

  1. イマジナリー
  2. イマジナリーの意味とは
  3. イマジナリーの使い方・例文

イマジナリー

イマジナリー」という言葉の意味や使い方について解説します。

英語では「imaginary」と書きます。

この「イマジナリー」という言葉は、心理学における用語や映像の世界で使われます。

あまり一般的に、使用される言葉ではないので、耳馴染みがない方も多いかもしれません。

使い方としては「イマジナリーな存在。」といった表現になります。

また、イマジナリーが入った言葉に「イマジナリーフレンド」や「イマジナリーライン」があります。

今回は、この2つの言葉についても解説するので、詳しく知っていきましょう。

イマジナリーの意味とは

イマジナリー(imaginary)とは「架空である様子。実在しない様子。」という意味になります。

使い方としては、「イマジナリーな存在。」といった表現になります。

また、イマジナリーが入った言葉に、「イマジナリーフレンド」があります。

これは「心理学における現象名のひとつで、架空の友人。本人の中だけに存在する友人であり、空想の中で会話をしたり、視界に疑似的に出現させて遊ぶこともある。人間関係に不慣れな子供に多い心理現象で、ほとんどの場合は、現実世界の対人関係を構築していくにつれて、この現象は消滅する。」という意味になります。

また、イマジナリーラインとは「映画やビデオを撮影する際に使う用語。二人の対話者を結ぶ架空の線。または、人物や車両などの進む先に伸ばした架空の線。」という意味になります。
 

イマジナリーの使い方・例文

  1. イマジナリーフレンドという心理現象は、子供の成育過程に必要だと考える学者もいる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ