「作画崩壊」とは?意味や使い方を解説!

「作画崩壊」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「作画崩壊」について解説します。

目次

  1. 作画崩壊
  2. 作画崩壊の意味とは
  3. 作画崩壊を使った文章・例文

作画崩壊

皆さんは、「作画崩壊(さくがほうかい)」という言葉をご存知でしょうか。
ネットなどでよく使われる言葉ですが、意味を知らない方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「作画崩壊(さくがほうかい)」の意味を解説させていただきます。

作画崩壊の意味とは

「作画崩壊(さくがほうかい)」とは、「アニメや漫画作品において、作画が崩れる」ことを言います。
アニメ作品は絵の枚数が非常に多く、また日本のアニメ業界は環境が良くないことから、表情や動きのある絵が崩れることが多くなっています。マンガ原作の場合は、作者や編集との意思の疎通が足りずに絵が崩れてしまうこともあります。
動作の中間のコマなどは動きを表現する為にわざと荒く描くことがあります。それを「作画崩壊」と呼ぶことを嫌う人もいるので、安易に「作画崩壊」「崩れてる」などと言うのはトラブルのもとになってしまいます。

特にテレビアニメ「天空戦記シュラト」の後半の作画の崩れ方を「シュラる」と言うことがあります。
「シュラる」はあくまで「天空戦記シュラト」の作画を指す言葉なので、他のアニメ、漫画作品に使うことはありません。

作画崩壊を使った文章・例文

ここで、「作画崩壊(さくがほうかい)」を使った例文をご紹介します。

1.昨日のアニメ見た?作画崩壊ひどかったよね。
2.動きを良く見せる為の中割りを作画崩壊と呼ぶのは感心しない。
3.作画崩壊が気になるなら、最初からそのアニメを見なければ良いと思う。
4.シナリオは面白いのに作画崩壊が激しくてあまり評価が良くない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ