「ピーク」とは?意味や使い方を解説!

「ピーク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ピーク」について解説します。

目次

  1. ピーク
  2. ピークの意味とは
  3. ピークの使い方・例文

ピーク

ピーク(peak)」という言葉は、「彼はキャリアのピークを迎えている」「混雑のピークは2時だ」など様々な使い方がされる言葉です。よく聞く言葉でもあり、カタカナ語の中でもなじみがある言葉ですね。

「ピーク」はよく聞く言葉ではありますが、その元々の意味や使い方などは知らない人が多いかもしれません。

この記事では「ピーク」の意味や使い方などを解説します。

ピークの意味とは

「ピーク」は英単語の「peak」が語源のカタカナ語です。

「ピーク」の意味は「山頂・頂上」「最高潮・絶頂」です。山頂の意味での「ピーク」も使われますが頻度は低く、どちらかといえば絶頂という意味で使われることが多いでしょう。

「ピーク」の意味するところの絶頂は種類も様々です。スポーツ選手やビジネスマンのキャリアについて使うこともあれば混雑に対して使うこともあり、使うシーンを選ばずに使える言葉ですね。「ピークに達する」などの表現もよく聞きます。

また、よく使う「ピーク」の関連語には「ピークアウト」があります。こちらは、「頭打ち」の意味です。

ピークの使い方・例文

  1. 彼は年齢的にも成熟期を迎えてきて、これから競技力がピークに達すると思われるので集中して鍛えていく。
  2. 今回のフェスは入場者数が非常に多く、午後2時頃にはピークに達することが見込まれているので、早めに交通誘導をする。
  3. 雨量のピークは午前11時頃との予報が出ているので、不要・不急の外出は控えてご自宅で待機するようにしてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ