「モデルケース」とは?意味や使い方を解説!

「モデルケース」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「モデルケース」について解説します。

目次

  1. モデルケース
  2. モデルケース(model case)の意味とは
  3. モデルケースの使い方・例文

モデルケース

モデルケース」という言葉について解説します。

「成功のモデルケースとなっている」「未来型医療のモデルケース」といったように使われるこの言葉ですが、皆さんも一度は見聞きしたことがあると思います。

しかし、このカタカナ語の意味をしっかり把握しているという方はもしかしたら多くはないかもしれません。

ここではそんな「モデルケース」という言葉の意味や使い方、類語などを紹介していきます。

ぜひご覧になって整理してみてください。

モデルケース(model case)の意味とは

モデルケース(model case)とは「標準」「典型となるような事例」「模範例」という意味の言葉となっており、英語でも同じ意味で使われています。

なので、成功のモデルケースといった場合は「典型的な成功例」というような意味になり、未来型医療のモデルケースは「未来型医療の標準」のような意味となります。

昨今、ビジネスシーンなどを中心に使われることが増えてきたカタカナ語でもあるので、整理しておくとスムーズに進んでいくと思われます。

モデルケースの類語

モデルケースの類語として

  • スタンダード
  • フォーマット
  • 見本
  • 雛型
  • お手本
などが挙げられます。

モデルケースの使い方・例文

  • もしかしたら、日本の厳しい移民審査基準は、今後、世界中で移民審査のモデルケースとされるかもしれない。
  • あの先生のホームルームでの取り組みは、全国の小学校でモデルケースとなるべきだ。
  • 今は認められていなくても、必ず近い将来に介護のモデルケース、あるべき姿として知られるはずだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ