「エアレーション」とは?意味を解説します!

「エアレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「エアレーション」について解説します。

目次

  1. エアレーション
  2. エアレーションの意味とは
  3. エアレーションの使い方・例文

エアレーション

エアレーション」という言葉をご存知でしょうか。

自宅で金魚を飼っている人や、ゴルフなどで芝の上をよく歩く人にとってはお馴染みの言葉ですが、それ以外の日常生活では中々触れる機会のない言葉でもあります。

また金魚や熱帯魚を飼い始めるにとっては必須事項となります。

ここではそんな「エアレーション」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

エアレーションの意味とは

エアレーションとは、「空気を通す」あるいは「空気に触れさせること」を意味します。

熱帯魚など水槽に酸素を送り込むことを意味し、水中の酸素濃度が上がり、魚にとって好環境となるほか、泡が立つことで視覚的な効果も生まれます。

好環境を望まないならエアレーションをしなくても良いわけではなく、水槽に関してはエアレーションをしなければ魚が弱りやすくなるため、やらなければいけない必須事項と言われています。

また造園業界では芝生に空気の通り道となる穴を開けることを指し、業界によってそれぞれ空気を送る対象が違いますが、同じく空気を入れる行為を指します。

エアレーションの使い方・例文

  1. 水槽の中の見栄えばかり気にして肝心のエアレーションを怠ったばかりに、せっかく飼い始めた魚を何匹も犠牲にした人をたくさん見てきた。
  2. 初めて来るゴルフ場だったけど、エアレーションの行き届いた素晴らしい環境でプレーを楽しむことができた。
  3. 家で熱帯魚を飼っているおかげで、芝のエアレーションについてもすぐにコツを掴むことができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ