「下町」とは?意味や使い方を解説!

「下町」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「下町」について解説します。

目次

  1. 下町
  2. 下町の意味とは
  3. 下町の使い方・例文

下町

下町」という言葉の意味や特徴、定義などについて解説します。

読み方は「したまち」となります。

この「下町」とは、ある地域を指した言葉になります。

使い方としては「下町情緒あふれる町並み。」といった表現になります。

よく使われる言葉で、耳馴染みのある方が非常に多いのではないかと思います。

しかし、その特徴による定義までは、あまり知られていません。

今回は、そんな「下町」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

下町の意味とは

下町(したまち)とは「市街地の一部を区分し、その場所に対して用いる言葉。都会の中で、土地の低い場所にある町のこと。商工業地になっている場合が多い。」という意味になります。

下町の定義・特徴

地形的な特徴による下町の定義とは「市街地の中の海や川に近く、低い場所にある町。」を指します。

地形的な特徴による下町は東京においては、武蔵野台地東端部分の周辺を作る崖線よりも下側に位置する地域が該当します。

また、社会的な特徴における下町は「江戸などの都市においては、軍事の拠点となった大名屋敷や大寺院が、幕府の近くの大地に設置されることが多かった。」とされています。

そして、東京の下町は「江戸時代の市域において、高台にある地域のことを山の手と呼んだ。そして、低地にある町のことを下町と呼んでいた。」とされています。

下町の使い方・例文

  1. この下町情緒あふれる街並みも再開発によって、数年後には見られなくなるのかと思うと非常に悲しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ