「ドヤ顔」とは?意味や使い方を解説!

「ドヤ顔」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ドヤ顔」について解説します。

目次

  1. ドヤ顔
  2. ドヤ顔の意味とは
  3. ドヤ顔を使った文章・例文

ドヤ顔

ドヤ顔」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ドヤ顔」とは、関西の方言が語源の言葉です。

もともと、芸人の間で使われていたことがきっかけで、一般的にも広まったとされています。

よく「ドヤ顔で話す。」や「ドヤ顔を決める。」といった使い方をします。

主に、得意顔で話したり行動をしたりする人に向けて使われます。

また、ドヤ顔が派生した言葉に「ドヤる」があります。

今回は、この「ドヤる」の意味も解説するので、「ドヤ顔」について詳しく知っていきましょう。

 

ドヤ顔の意味とは

ドヤ顔とは「したり顔。得意顔のこと。」という意味になります。

「どや」とは、関西の方言で「どうだ」という意味になります。

ここでの「どうだ」は、自分の功を誇らしげに「今の自分がしたこと、かっこよかっただろう?」という意味を含んだニュアンスになります。

多くの場合は、「得意顔」という意味合いで使われます。
 

この「ドヤ顔」という言葉は、もともと関西の芸人の間で使われていましが、はっきりとした発祥はわかっていません。
 

また、このドヤ顔から派生した言葉に「どやる」があります。

どやるとは「ドヤ顔をする。」の略語で、ネット用語や若者言葉として使われています。

 

ドヤ顔を使った文章・例文

  1. 彼は、覚えたてのマジックをみんなに見せて、絵に描いたようなドヤ顔を決めている。
  2. 自慢話をドヤ顔で話している彼を見ていると、笑いをこらえるのが大変だ。
  3. 彼女が、自信のある料理を出した際に見せるドヤ顔は実に可愛らしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ