「しみじみ」とは?意味や使い方を解説!

「しみじみ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「しみじみ」について解説します。

目次

  1. しみじみ
  2. しみじみの意味とは
  3. しみじみの使い方・例文

しみじみ

しみじみ」という言葉をご存知でしょうか?

なんとなく演歌の世界のイメージの言葉ですが、「しみじみと思う」「しみじみと感じる」などとよく使われますよね。

今回は、そんな「しみじみ」について解説します。

しみじみの意味とは

「しみじみ」とは、「心の底から実感すること」また「腹を割って相手と向き合うこと」や「じっと見つめる」という意味の言葉です。

「しみじみと思う」や「しみじみと感じる」というのは、最初にあげた「実感する」という意味合いになります。

「腹を割って相手と向き合うこと」を意味する使い方としては、「しみじみと語り合う」などがそうです。また、「じっと見つめる」という意味では「しみじみと覗きこんだ」などという使い方があります。

「しみじみ」には、「染み染み」と「沁み沁み」という漢字があてられています。
「染み」や「沁み」とは、液体が紙などのモノにじんわりと入り込んでいく様子です。モノにじんわりと染み込むように心に広がる気持ち、それが「染み染み・沁み沁み」です。

「しみじみ」の類語

「しみじみ」の類語には以下のようなものが挙げられます。

・つくづく
 【例文】1.つくづく自分が自分で嫌になる。
     2.鏡に映った自分の顔をつくづくと眺める。
・ふつふつ
 【例文】ふつふつと湧き上がる怒りを抑えることができなかった。

しみじみの使い方・例文

1.娘の結婚式を前に、小さなころから今までをしみじみと思い出すよ。
2.十数年ぶりにあった同窓生としみじみと語り合った。
3.水面にうつった彼女の横顔をしみじみと見つめていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ