「ご健勝」とは?意味や使い方を解説!

「ご健勝」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご健勝」について解説します。

目次

  1. ご健勝
  2. ご健勝の意味とは
  3. ご健勝とご多幸の違い
  4. ご多幸を使った文章・例文

ご健勝

ご健勝」という言葉は忘年会などのスピーチ、年賀状や挨拶状など様々な場面で使われます。

特に、ビジネスシーンや公の場で使われる機会の多い言葉です。
「ご健勝」と似た場面で使われる言葉に「ご多幸」や「ご活躍」がありますが、なんとなくセットで使っているものの、違いがわからない人も多いのではないでしょうか。
それぞれの言葉の意味や使う場面を知っておきたいですね。

この記事では「ご健勝」の意味や使い方、「ご多幸」や「ご活躍」との違いなどを解説します。

ご健勝の意味とは

「ご健勝」の意味は「体が丈夫で健康でいること」です。

健康の「健」に、優れているなどの意味もある「勝」をつけることで相手の健康を祈ります。「ご健勝」は悪い意味が含まれておらず、相手の健康を祈ることなので様々な場面で使われます。

ご健勝とご多幸の違い

「ご健勝」と似た場面でよく使われるのが「ご多幸」と「ご活躍」です。それぞれ、以下のような意味があります。

「ご多幸」は読んで字の通り「幸せが多いこと」です。相手にとって、これからの日々が幸せであることを祈る言葉です。「ご多幸」は「ご健勝」と一緒に使われることが多いです。

「ご活躍」は相手のこれからの活躍を祈ること。送別会やビジネスの終わりの場面で使われる場合が多いですね。

ご多幸を使った文章・例文

  1. 本日ご臨席の皆様のご健勝とご多幸を祈念して、僭越ではありますが乾杯の音頭をとらせていただきます。それではご唱和ください。乾杯。
  2. 末筆ながら、貴殿のますますのご活躍をお祈りしています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ