「よしなに」とは?意味や使い方を解説!

「よしなに」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「よしなに」について解説します。

目次

  1. よしなに
  2. よしなにの意味とは
  3. よしなにを使った文章・例文

よしなに

よしなに」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「よしなに」とは古風な言い回しで、改まった場面で使われることが多いです。

また、最近では、本来の意味からずれた意味合いで誤用されることも多い言葉になります。

今回は、そんな「よしなに」について詳しく解説します。

よしなにの意味とは

よしなにとは「良い具合になるように。良いように。適切に。」といった意味になります。

主に、改まった席で用いられ、古風な表現になります。

使い方としては「よしなにお取り計らいくださいませ。」や「よしなにお願い致します。」といった表現になります。

この「よしなに」という言葉は、丁寧な言い回しではありますが、ニュアンスが伝わりにくいためにビジネスの場では、使わない方が良いとされています。

加えて、現代では「よろしく」や「適当に」という意味合いで誤用されることがあるので、気を付けたいところです。

この「よしなに」という言葉の由来は、古事記にある天孫降臨神話にさかのぼります。

物語の中で、天照大御神の孫である邇邇藝命(ににぎみのこと)と、その妻である木花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ)が三つ子を産んだ際に、祝いに訪れた信濃地方の県守の4人から赤子の胞衣をまつらせてほしいと頼まれます。

その際に、胞衣が3つしかないことから、これを4人でうまく分けてほしいと伝える際に「よしなに計らう」という言い回しが生まれたとされています。

よしなにを使った文章・例文

  1. 良い具合にという意味でよしなにと言ったのだが、若い世代には伝わりにくかったようだ。
  2. ビジネスの場では、よしなにという言葉を使わない方が良い。
  3. 部下がよろしくという意味で、よしなにと言ったので注意した。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ