「イヤモニ」とは?意味や使い方を解説!

「イヤモニ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「イヤモニ」について解説します。

目次

  1. イヤモニ
  2. イヤモニの意味とは
  3. イヤモニの使い方・例文

イヤモニ

皆さんは「イヤモニ」というものが何かご存知でしょうか。

ライブやコンサートに導入されていることが多い機材ですが、どういうものかお分かりでしょうか?

今回は「イヤモニ」という言葉について詳しく解説します。

イヤモニの意味とは

イヤモニとは「イヤーモニター、またはインイヤーモニターの略。ミュージシャンや歌手が音声や音響を確認するために耳につけている機材」のことです。

ライブやコンサートの映像を見ていると、アーティストが耳に機材をつけていることがあります。これがイヤモニです。

ダンスなどで激しく動くステージの場合は、ワイヤレスのものが導入されていることもあります。
では、このイヤモニからは何が聞こえるのでしょうか。

音楽のライブ中は音の洪水のようになっており、音の反射も相まって混然とした音楽になっています。
そうなると、ステージ上の奏者には、自分の奏でている楽器や歌っている声が自分自身の耳に判別できないということが起こり得ます。当然、他の演奏者が出す音もうまく聞き分けられません。

これでは音がずれても気づくことができないでしょう。
そういった問題を解決する手段として、イヤモニが導入されているのです。

つまり「イヤモニからは何が聞こえるのか?」という疑問の答えは、「セッションを調整するために必要な音」ということになります。

この音の内容は、同じステージに立つメンバー同士であっても一人一人違います。パートごとに必要な情報が異なり、個人間でも調整が必要だからというのがその理由です。

イヤモニの使い方・例文

  1. ワイヤレスのイヤモニを買いたいんだけど、おすすめの商品はありますか。
  2. イヤモニをつけてライブをしたら、とてもやりやすくて驚いた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ