「ご査収」とは?意味や使い方を解説!

「ご査収」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご査収」について解説します。

目次

  1. ご査収
  2. ご査収の意味とは
  3. ご査収を使った文章・例文

ご査収

皆さんは「ご査収(ごさしゅう)」という言葉をご存知でしょうか。
ビジネスの場で使う一見難しそうな言葉ですが、きちんと意味を覚えれば使いこなすのは簡単です。

今回は「ご査収」という言葉について詳しく解説します。

ご査収の意味とは

ご査収とは「よく確認して受け取る」という意味です。
読み方は「ごさしゅう」です。

重要な書類などを渡す場合に「ご査収ください」という形で言い添える、ビジネスの場でよく使われる言葉です。
単に「ご確認ください」と言うよりも、念入りに確認することを強調している言葉です。
先方の意向によっては訂正の必要が出てくる可能性もあるので、納得いくまで検討してもらう必要があるということを伝えています。
受け取る側はきちんと内容を確認し、問題がなければそのように返答をする必要があります。

ビジネスメールで使う場合は、「ご査収」してもらうべきデータを必ず添付して送る必要があります。
また、受け取り手が返答をする際には「ご査収しました」と使ってはいけません。

類語として「ご検収」があります。
「ご検収」は「ご査収」とほぼ同じ意味ですが、「物品」に対して使う言葉だという違いがあります。
メーカーから送られてきた商品のサンプルや、システムエンジニアが製作したプログラムなどが、発注通りのものであるかを確認し結果を返答するといった流れが「検収」です。

ご査収を使った文章・例文

  1. 契約書を添付いたしますので、ご査収くださいますようお願いします。
  2. 添付の書類について、ご査収くださいましたら一報いただければ幸いです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ