「スタミナ」とは?意味や使い方を解説!

「スタミナ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スタミナ」について解説します。

目次

  1. スタミナ
  2. スタミナの意味とは
  3. スタミナの使い方・例文

スタミナ

スタミナ」という言葉の意味や使い方について解説します。

英語では「stamina」と書きます。

よく「スタミナをつける」や「スタミナ料理」といった使い方をします。

体力といった意味で一般的に使われる言葉なので、耳馴染みのある方が多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「スタミナ」について詳しく解説します。

スタミナの意味とは

スタミナ(stamina)とは「体力」「精力」「持久力」という意味になります。

この意味の中に登場するそれぞれの言葉について知っていきましょう。

まず、体力とは「生命活動において必要となる運動能力。筋力や心配能力、俊敏性などの身体的な能力。」という意味です。

続いて精力とは「精神や肉体が活動する力。」という意味です。

そして、持久力とは「長時間に渡り運動をし続けるための身体強度。」という意味です。

一般的に、「スタミナがある。」と表現する場合には、「体力がある」という意味で使用することが多いです。

また、「スタミナ料理」と表現する場合には、「精力が付く料理」という意味合いで使用することが多いです。

スタミナの使い方・例文

  1. ニンニクは、スタミナをつけることができる食べ物だ。
  2. 彼は、毎日筋力トレーニングを行っているので、スタミナがある。
  3. 妻が疲れ気味の私を気遣って、スタミナ料理を作ってくれた。
  4. 山芋や豚肉は、スタミナがつく食べ物なので、夏バテしやすい時期に食べると良い。
  5. 祖父は、スタミナをつけるために腹筋トレーニングを始めた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ