「ソート」とは?意味や使い方を解説!

「ソート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ソート」について解説します。

目次

  1. ソート
  2. ソートの意味とは
  3. ソートを使った文章・例文

ソート

ソート(sort)」という言葉は、パソコンを使っての仕事が多い人やプログラミングに詳しい人にとってはなじみのある言葉ですね。ビジネスの現場で使われることも多い言葉です。

「ソート」は聞きなれない人も多いと思いますが、仕事で使われることもある言葉なので正しく理解しておきたいですね。

この記事では「ソート」の意味や使い方などを解説します。

ソートの意味とは

「ソート」の語源は、「仕分ける」などの意味がある英単語の「sort」です。

「ソート」はIT用語として使われることが多く、その意味は「データを規則的に並び替えること」です。表計算ソフトなどをよく使う人にとっては「ソート」してデータをわかりやすくすることは必須のスキルですね。

「ソート」する際には日時やアルファベット、ファイルの種類など様々な要素を活用して規則的に並び替えます。

英単語の「sort」の意味通り、データを仕分けてわかりやすいように並び替えることです。「ソート」する際には多くの場合、「昇順」、「降順」から表示の仕方を選ぶことになります。

ソートを使った文章・例文

  1. 今回我が社が取り扱うデータは膨大な量になる見込みのため、適切にソートすることで見やすい状態で先方に提出することが大切になってくるだろう。
  2. アルファベット順でソートしてみたけどわかりにくい。ファイルの容量の大きさでソートしてみたらどうだろうか。
  3. ソートせずにそのままデータを提出したらクライアントからクレームがきて非常に大変なことになった。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ