「あたかも」とは?意味や使い方を解説!

「あたかも」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「あたかも」について解説します。

目次

  1. あたかも
  2. あたかもの意味とは
  3. あたかもの使い方・例文

あたかも

あたかも」という言葉について解説します。

「そんなあたかも実際に見たように言って」といった感じで、みなさんも使ったり見聞きしたことがあると思います。

そんな日常的に使われている言葉ではありますが、意味や使い方を皆さんはしっかりとご存知でしょうか。

ここでは「あたかも」という言葉について意味はもちろんのこと、漢字ではどう書くのかや、例文なども紹介しながら解説していきます。

ぜひ最後までご覧になってみてください。

あたかもの意味とは

あたかもとは「まるで、まさしく、ちょうど」「ちょうどその時」という意味の言葉となっています。

「まるで、まさしく、ちょうど」の意味で使われる際は、「あたかも真夏のようだ」というように「~のようだ、~のごとし」という語が下にくることが多いようです。

元々は「ちょうどその時」という時間を指す言葉でしたが、次第に変化して「まるで」のような意味も持つようになり、今では「まるで」の方の意味で使うことの方が多くなってきているようです。

ちなみに、あたかもを漢字で書くと「恰も」「宛も」となりますが、一般的ではなく、また読める方も多くないため「恰も・宛も」の漢字ではなく、ひらがなで書くのが普通になっています。

あたかもの使い方・例文

  • 時あたかも郊外型のニュータウン建設がピークを迎えていた。
  • かれはあたかも自分が経験したかのような臨場感で面白おかしい話を聞かせてくれる。
  • 信長の短い人生を知ると、それはあたかも戦国の夢まぼろしのごとしだったと思わせられる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ