「立ち居振る舞い」とは?意味や使い方を解説!

「立ち居振る舞い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「立ち居振る舞い」について解説します。

目次

  1. 立ち居振る舞い
  2. 立ち居振る舞いの意味とは
  3. 立ち居振る舞いの使い方・例文

立ち居振る舞い

立ち居振る舞い(たちいふるまい)」という言葉をご存知でしょうか。

「あれ?『立ち振る舞い』じゃないの?」と思う方も多いかと思います。一文字違うだけで意味が大きく変わってくるのが言葉の世界ですから、「立ち振る舞い」との関係性について知らないと不安になってきますよね。

ここではそんな「立ち居振る舞い」について意味や使い方、読み方など詳しくご紹介していきます。

立ち居振る舞いの意味とは

立ち居振る舞いとは、「日常的な所作」のことを指します。

話し方や動き方など、何気ない動きのことを意味する言葉で、類語には「素行」や「言動」、「挙動」「物腰」などが挙げられます。また、多くの場合は日常的な所作だけでなく、その人が行うあらゆる言動のことを指して用いられます。

読み方は「たちいふるまい」となります。

立ち振る舞い(たちふるまい)と読み方が一文字異なるだけで、意味は全く同じになります。ただ、立ち居振る舞い(たちいふるまい)の方が発音が難しいため、話言葉で使われる場合は主に立ち振る舞いの方が用いられます。また、立ち居・振る舞いと分けて読む場合もあります。

立ち居振る舞いの使い方・例文

  1. 電話で話した時は好印象だったが、いざ面接になってみると立ち居振る舞いが最悪で、やはり面接はやる必要があるなと再認識した。
  2. お嬢様育ちで口にする言葉はいちいち鼻に突くが、立ち居振る舞いに高貴な雰囲気が漂っており、コップを持ち上げる所作にさえ見入ってしまう。
  3. 普段の立ち居振る舞いは粗暴な彼だが、テニス選手としてコートに立つと、途端に美しい所作に変わるから驚きだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ