「独身貴族」とは?意味や使い方を解説!

「独身貴族」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「独身貴族」について解説します。

目次

  1. 独身貴族
  2. 独身貴族の意味とは
  3. 独身貴族の使い方・例文

独身貴族

独身貴族(どくしんきぞく)」という言葉の意味や定義、使い方について解説します。

この「独身貴族」という言葉は、既婚者から見て独身者が自由が多く羨ましいことから、独身者を揶揄する表現として使用されます。

男女に関係なく使用される言葉です。

今回は、そんな「独身貴族」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

独身貴族の意味とは

独身貴族の意味とは、「金銭や時間を自由に使うことができる独身者のことを揶揄する表現。」という意味になります。

この言葉が使用されるようになった当初の独身像が、「親元で暮らしており、生活費は親任せ。自分の給料は趣味や余暇に惜しげもなく使用できる若者。」というイメージだったため、このような表現で揶揄されていました。

しかし、既婚者から見たときに、実家暮らしで贅沢三昧まではしていなくとも独身というだけで、自由で羨ましい点が多いため、独身者全般に対してこの言葉が使用されるようになりました。

したがって、独身貴族の定義は「独身者全般」となりますが、生活に余裕がない人や持病などの事情があって独身である人に対しては、この「独身貴族」という言葉は使用しません。

ちなみに、独身貴族は男女に関係なく使用されます。

独身貴族の使い方・例文

  1. 独身貴族の彼女は、自分磨きのために惜しげもなくお金を使っている。
  2. 結婚願望が強い私を独身貴族と揶揄するのは、やめてほしい。
  3. 独身貴族は羨ましいと思っていたが、独身の友人が、風邪を引いたときに介護してくれる人がいなくて大変だと言っていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ