「アナロジー」とは?意味や使い方を解説!

「アナロジー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アナロジー」について解説します。

目次

  1. アナロジー
  2. アナロジーの意味とは
  3. アナロジーの使い方・例文

アナロジー

アナロジー」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「アナロジー」という言葉は、論理学用語として使用されたりするので、耳馴染みのない方も多いのではないでしょうか。

主に「類推」といった意味を持ち、少し複雑で難しい言葉になります。

また、似た言葉に「メタファー」があります。

この2つの言葉は、極めて近い意味合いを持ちます。

今回は、「アナロジー」と「メタファー」の違いについても詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

アナロジーの意味とは

アナロジーという言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「類似」という意味になります。

そして、2つ目は「類推、類比」という意味になります。

このアナロジーという言葉は、ギリシャ語の「アナロギア」に由来しており、複数の物事の間に共通したり並行したりする性質や関係があることを指します。

また、論理学の用語としては、人間や馬、犬などが同じ動物であると言われるような同義性のあることと、まったく異なる異議性のあることの中間を意味します。

加えて、アナロジーと似た言葉に「メタファー」があります。

このメタファーとは「隠喩」という意味を持ちます。

極めて近い意味を持つこの2つの言葉ですが、一般的にアナロジーは「対象と対象の間の構造的な類比」に注目する場合に用いられます。

そして、メタファーは「対象と対象の直接的な類似性」に注目する場合に用いられます。

アナロジーの使い方・例文

  1. アナロジーと似たような概念にメタファーがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ