「アルゴリズム」とは?意味や使い方を解説!

「アルゴリズム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アルゴリズム」について解説します。

目次

  1. アルゴリズム
  2. アルゴリズムの意味とは
  3. アルゴリズムを使った文章・例文

アルゴリズム

皆さんは「アルゴリズム(algorithm)」という言葉をご存知でしょうか。
コンピューター用語として聞くことが多い言葉ですね。

今回は「アルゴリズム」という言葉について詳しく解説します。
 

アルゴリズムの意味とは

アルゴリズムとは「問題を解決するための方法、手順」という意味です。
英語では「algorithm」と綴ります。

語源は9世紀のイラクの数学者アル・フワーリズミーの名前からだと言われています。
彼がインド数学をヨーロッパに紹介した本が、12世紀ごろに翻訳されて教科書として用いられるようになったことでその名が広まりました。この本は冒頭にある一節から「アルゴリトミ」と呼ばれており、この言葉が「アルゴリズム」の語源になりました。
よって、アルゴリズムという言葉は音楽でいう「リズム(rhythm)」とは無関係です。綴りを間違えないように気をつけましょう。

コンピューターが演算処理をする際は、このアルゴリズムに従って行っています。
目的の処理をするのに最適と思われるアルゴリズムを見つけ出し、より演算の効率を高めることが開発者の仕事と言えます。

アルゴリズムのアップデートに非常に力を入れているのがGoogleです。
世界最大級の検索エンジンであるGoogleの検索結果の順位は、サイトの訪問者数に非常に大きな影響を及ぼします。そのため、各サイトの管理者は少しでも順位を上げようとして様々なテクニックを使います。
Googleは頻繁にアルゴリズムを見直して、ユーザーの検索目的に最も合致する、より質の良い情報を届けられる検索結果を表示できるよう試行錯誤をしているのです。

アルゴリズムを使った文章・例文

  1. 作ったプログラムの動作が重いので、アルゴリズムを見直そうと思う。
  2. アルゴリズムはコンピューターだけでなく、生活の中に溢れている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ