「台風一過」とは?意味や使い方を解説!

「台風一過」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「台風一過」について解説します。

目次

  1. 台風一過
  2. 台風一過の意味とは
  3. 台風一過を使った文章・例文

台風一過

台風一過(たいふういっか)」という言葉は、天気予報などでよく聞く言葉ですね。最近は台風がたくさん発生する年も多いので「台風一過」を経験することも多くなってきました。

「台風一過」は天気予報などで使われる意味以外の使い方もあります。よく聞く言葉ですので、正しく理解して使いたいところですね。

この記事では「台風一過」の意味や使い方などを解説します。

台風一過の意味とは

「台風一過」は「たいふういっか」と読みます。「台風一家」と書くと勘違いしている人がいるので気をつけましょう。

「台風一過」の意味は「台風が過ぎ去った後に、空が晴れ渡ること」です。この意味から転じて「騒動が収まって晴れ晴れとすること」の意味もあります。

台風が通り過ぎた後には、さっきまでの大荒れの天気が嘘だったように澄み渡った晴天になることが多いですね。あれが「台風一過」です。

台風が通り過ぎた後には高気圧が進んでくるため、快晴になることが多いです。

また、台風のように大変なことが収まった後の晴れ晴れしい気分を表す「台風一過」は、ビジネスの場面などで使う機会がありますし、個人的に大変なことがあった時にも使うことができますね。

台風一過を使った文章・例文

  1. 今回のお家騒動は終結するのがいつになるかわからないハードなものだった。完全に収束した今は台風一過で非常に気持ちが良い。
  2. この夏は台風が何回も襲来して大事なイベントがことごとく潰れた。台風一過の晴天は嫌いではないが、できれば台風は避けたいものだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ