「ストック」とは?意味や使い方を解説!

「ストック」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ストック」について解説します。

目次

  1. ストック
  2. ストック(stock)の意味とは
  3. ストックを使った文章・例文

ストック

ストック」という言葉について解説します。

一般的に日常などで使う場合は「ティッシュのストックある?」というような感じで、皆さんも使うことがあると思います。

またビジネスの場においては、ストックビジネスといった言葉や株用語でストックオプションといった言葉を見聞きすることがあるかもしれません。

なんとなくの意味ではご存知だと思いますが、ここではストックという言葉について、意味や使い方など整理しながら把握してみてください。

ストック(stock)の意味とは

ストック(stock)とは

  1. 在庫品、手持ちの品
  2. ためること、蓄えておくこと
  3. 株券、株式
という意味を持つ言葉となっています。

日常で使う場合は1の在庫品、2の蓄えておくことといった意味合いで使うことが多いのではないでしょうか。

ちなみに先述の、株用語のストックオプションとは「あらかじめ決められた値段で自社株式の購入する権利」のことを意味しており、

ストックビジネスとは「顧客を蓄えて、安定した収益を得るビジネス」のことをそう呼びます。

どちらも「蓄える」という意味から使われています。

 

ストックを使った文章・例文

カタカナ語としては、「ストックする」という動詞としても、「ストックがある」という名詞としても使われています。

  • 最近地震が多くなっているし、日用品のストックは常に用意しておいた方がいいよね。
  • トイレットペーパーはけっこうストックしてあったのに、もう全部使いきってしまった。
  • 代表的なストックビジネスとしては、会員制ビジネス(フィットネスジムやスポーツクラブ)や携帯電話会社などがそれにあたる

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ