「ファニー(funny)」とは?意味や使い方を解説!

「ファニー(funny)」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ファニー(funny)」について解説します。

目次

  1. ファニー(funny)
  2. ファニー(funny)の意味とは
  3. ファニー(funny)の使い方・例文

ファニー(funny)

ファニー(funny)」という言葉をご存知でしょうか。

海外映画をよく見る方にはお馴染みのフレーズかもしれませんが、日本では主に別の言い方がされるため、意味を知らないという方も少なくないのではないでしょうか。

ここではそんな「ファニー」について意味や使い方に加えて、日本人が間違えて使いやすい「interesting」との違いなどをご紹介していきます。

ファニー(funny)の意味とは

ファニー(funny)とは、「おもしろい」ことを意味する英語です。

単純に面白いことやおかしなことを指し、英語圏では日本でいう「ウケる」や「おもろい」と同じ使い方がされています。

面白いことを意味する言葉ですが、会話や見た目の面白さを意味する言葉のため、スポーツやゲームなど実際に体を動かして面白いと感じることは「interesting」の方が用いられます。

一方で、滑稽(こっけい)なことも指す言葉でもあるため、「嘲笑する意味での面白さ」という悪口として使われることもあります。

ファニー(funny)の使い方・例文

  1. 相手のシャレをただ笑うのではなく、最後にファニーと一言添えるクールさが欲しいと思う。
  2. なにかと破天荒な友人の両親に偶然会ったが、息子に輪をかけてファニーでぶっとんだ両親で、強烈に納得させられた。
  3. コスプレをして知り合いのパーティに参加した際、アメリカの留学生にファニーファニーと連呼されて嬉しかったが、あとから知り合いにあの時のファニーは悪口のことだと聞いてショックを受けた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ