「スペクタクル」とは?意味や使い方を解説!

「スペクタクル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スペクタクル」について解説します。

目次

  1. スペクタクル
  2. スペクタクルの意味とは
  3. スペクタクルを使った文章・例文

スペクタクル

スペクタクル(spectacle)」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

映画の宣伝などで、「一大スペクタクル映画!」というフレーズがよく打ち出されますが、つまりはどういう映画なの? と首を傾げている方も多いはず。

中にはよくこの言葉が使われている映画の作風から、意味を勘違いしている方も少なくありません。

ここではそんな「スペクタクル」について意味や使い方などをご紹介していきます。

スペクタクルの意味とは

スペクタクル(spectacle)とは、「壮観な光景」や「強烈な印象を受ける見世物」を指す言葉になります。

本来は単純に光景やみせものを意味する言葉でしたが、大仕掛けだったり、特殊な演出だったりと、観客を視覚的に楽しませる舞台や映像のことを指す言葉としてエンタメ業界を中心に用いられるようになりました。

視覚的な印象のことだけでなく、大きな見せ場のある物語のことなども指すため、強烈な印象を受ける作品に広く用いられています。

爆発や銃火器などが大量に登場する映画によく用いられることから、火薬量が多いことをスペクタクルだとする誤用もあります。

スペクタクルを使った文章・例文

  1. 自分は壮観な映像やド派手なアクションが多いスペクタクル映画が好きだが、彼女はそれに全く興味がなく、甘い恋愛映画ばかり観たがる。
  2. 舞台でどうスペクタクルを表現するのか気になって観に来たが、強烈な観劇体験をしてしまい、もうただの映像では満足できなくなってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ