「リスク・マネジメント」とは?意味や使い方を解説!

「リスク・マネジメント」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リスク・マネジメント」について解説します。

目次

  1. リスク・マネジメント
  2. リスク・マネジメントの意味とは
  3. リスク・マネジメントを使った文章・例文

リスク・マネジメント

リスク・マネジメント」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

ニュースや新聞など、主に経済を中心に様々な媒体で登場する言葉ですが、会社務めであれば無関係の人はいない言葉ですので、意味を理解しておくと役に立ちます。

ここではそんな「リスク・マネジメント」について意味や使い方などをご紹介していきます。

リスク・マネジメントの意味とは

リスク・マネジメントとは、主に「危険を組織的に管理する」ことを意味します。

企業が損害を避けるため、あるいは減らすために取る対策のことや、その対策が完成するまでの過程のことを指す言葉になります。

金銭的な損害はもちろん、職場環境の悪化、社内での不正など、危機管理の項目は非常に多岐に渡ります。また未然に防ぐことだけを意味すると思われがちですが、すでに起こったことに対していかに損害を最小に抑えるかということもリスクマネジメントに当たります。

社員がSNSに不適切な内容を投稿することなどを防ぐこともリスクマネジメントに含まれるなど、様々なリスクを予測しなければいけない点も難しい点に挙げられています。

リスク・マネジメントを使った文章・例文

  1. あらかじめ注意を促し、理解を深めてもらうことはできるが、たまに不思議な行動を取る従業員のことまで予測しなければいけないのがリスクマネジメントの難しいところだ。
  2. 社内にカメラを設置するのは社員の行動を監視・管理するようで気が引けるが、リスクマネジメントのためには仕方がない。
  3. 不祥事を謝罪するべく会見を開いたわりに、そこでもまた不適切発言をするとは、リスクマネジメントを全く理解していないようだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ