「ジョイント」とは?意味や使い方を解説!

「ジョイント」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ジョイント」について解説します。

目次

  1. ジョイント
  2. ジョイントの意味とは
  3. ジョイントの使い方・例文

ジョイント

ジョイント」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ジョイント」という言葉には、複数の意味があります。

よく「ジョイントする」や「ジョイント部分」、「ジョイントコンサート」といった使い方をします。

幅広い場面で使用されるので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

また、複数の意味がある言葉は、文脈から正しい意味を汲み取る必要があります。

会話の中で出現した際に、正しい意味を汲み取ることができるよう、この機会に「ジョイント」について詳しく知っていきましょう。

ジョイントの意味とは

ジョイントという言葉の意味は、大きく分けて3つあります。

まず、1つ目は「パイプ等の接手。接合部分。継ぎ目。接合用部品。」という意味になります。

使い方としては「パイプのジョイント部分」といった表現になります。

続いて2つ目は「提携。連携すること。合同すること。連結すること。」という意味になります。

使い方としては、複数の演奏者が合同で行うコンサートという意味で「ジョイントコンサート」と表現したり、複数のメーカーが提携して広告を出すという意味で「メーカーがジョイントして広告を出す。」と表現したりします。

そして、3つ目は「喫煙するために、大麻を紙で巻いたもの。紙巻きたばこ状の大麻。」という意味になります。

このように、ジョイントには複数の意味があり、それぞれの意味の違いが大きいので、会話の中で出現した際には、その文脈から正しい意味を汲み取る必要があります。

ジョイントの使い方・例文

  1. 列車の車両をジョイントする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ