「絶交」とは?意味や使い方を解説!

「絶交」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「絶交」について解説します。

目次

  1. 絶交
  2. 絶交の意味とは
  3. 絶交の使い方・例文

絶交

絶交(ぜっこう)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「絶交」という言葉は、一般的には子供が友人と喧嘩した際などに使用され、大人はあまり使用する機会がないかもしれません。

大人の方は、小さい頃に使用した経験があるのではないでしょうか。

最近では、死語になりつつある言葉でもあります。

村八分の制裁としても用いられており、その歴史は古いです。

読み方は「ぜっこう」となります。

最近では、あまり使用されなくなった言葉ですが、歴史のある言葉でもあるので、この機会に「絶交」について詳しく知っていきましょう。

絶交の意味とは

絶交(ぜっこう)とは「仲たがいなどを理由に、これまでの交際や関係を絶つこと。」という意味になります。

使い方としては「友人大喧嘩の末、絶交した。」といった表現になります。

この「絶交」は、村八分の制裁の一つとしても知られています。

村八分とは「村社会の中で、掟を破ったり秩序を乱した者に対して課される制裁的行為。一定の地域の住民が結束をし、その者との関係を絶つこと。」を指します。

住民が結束して関係を絶つことは、共同絶交とも言われます。

その制裁の種類については、中世の惣村の掟や明治以降の村規約の中でも発見され、絶交のほかに追放や罰金がありました。

最も広範囲で行われ、尚且つ現在でも課せられる制裁は罰金となります。

絶交の使い方・例文

  1. 喧嘩の勢いで友人と絶交してしまったが、気の合う友人だったので仲直りしたい。
  2. 私を裏切った彼女とは絶交し、これから仲直りする可能性もない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ