「電報」とは?意味を解説します!

「電報」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「電報」について解説します。

目次

  1. 電報
  2. 電報の意味とは

電報

電報(でんぽう)」という言葉の意味について解説します。

この「電報」とは、電話や電子メールが普及するまで、一般的に緊急連絡手段として用いられていた通信サービスになります。

読み方は「でんぽう」となります。

よく、昭和初期から中期にかけた時代背景の邦画やドラマの作品中において、登場人物がこの「電報」を用いて緊急連絡をするシーンが描かれています。

年齢層の高い方にとっては、馴染みがあった通信手段かと思いますが、若い世代の中には、全く知らないという方もいるかもしれません。

しかし現代でも電報サービスは存在し、主に結婚式などの式典に際する祝電として用いられています。

そこで、今回はそんな「電報」について詳しく解説します。

電報の意味とは

電報(でんぽう)とは「電気通信を用いた文書を配達するサービス。」という意味になります。

この「電報」は、普通郵便による信書よりも早く通報できるという特徴があります。

一般的に、電話が普及するまで使用されていた通信方法で、主な使い方としては親族の危篤を知らせるなどの緊急を要する場合の連絡手段として用いられていました。

以降、1960年代には電話がだんだんと普及されていき、1980年代後半にはファクシミリ、1990年代後半には携帯電話や電子メールが普及したことで、電報は緊急の連絡手段としてはほとんど使用されないようになりました。

現在では、その使い方は形を変え、結婚式などの式典に際する祝電などに使用されています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ