「劣等感」とは?意味や使い方を解説!

「劣等感」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「劣等感」について解説します。

目次

  1. 劣等感
  2. 劣等感の意味とは
  3. 劣等感を使った文章・例文

劣等感

劣等感」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「劣等感」という言葉は、「自分が他人よりも劣っているという認識。」といった意味を持ちます。

英語では「inferiority complex、inferiority feeling」と言います。

一般的にも使用される言葉なので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

また、この「劣等感」の反対の言葉に「優越感」があります。

今回は「優越感」についても解説するので、この機会に「劣等感」について詳しく知っていきましょう。

劣等感の意味とは

劣等感とは「自分が他人と比べて劣っているという認識や感情。過去に周囲から低い評価を受けたことなどを原因とし、自分自身もその評価に降伏することで作られる感情。外部からの自己防衛本能でもある。inferiority complex。inferiority feeling。」という意味になります。

使い方としては、「劣等感に陥る」や「劣等感を抱く」といった表現になります。

また、この「劣等感」と反対の言葉に「優越感」があります。

優越感とは「自分が他人よりも優れているという感情や認識。また、その感情や認識から生じる自己肯定感情。自尊心の一端に位置する感情。優等感。superiority complex。」という意味になります。
 

劣等感とは真逆の言葉となり、使い方としては「優越感に浸る」や「優越感を抱く」といった表現になります。

劣等感を使った文章・例文

  1. 劣等感を抱きすぎると創作活動の妨げになる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ