「独占欲」とは?意味や使い方を解説!

「独占欲」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「独占欲」について解説します。

目次

  1. 独占欲
  2. 独占欲の意味とは
  3. 独占欲を使った文章・例文

独占欲

独占欲」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「独占欲」という言葉は、主に恋人や夫婦関係にある人物を独り占めしたいという欲求に対して使用されることが多いです。

よく「独占欲が強い」といった表現で用いられます。

一般的に使用されるようになったのは、比較的最近なので、若い世代では耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

読んで字のごとくの言葉ですが、深い意味までは知らない方もいるかもしれません。

そこで、今回は「独占欲」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

 

独占欲の意味とは

独占欲(どくせんよく)とは「独り占めしたいという欲求。」という意味になります。

自分だけが有している状況への執着や固執する欲求を意味し、独占欲の対象となるのは物だけでなく、恋人や夫、妻などのパートナー、友人なども含まれます。

恋愛において独占欲が強いとされる人は、自分の恋人などが他人の元へ行ってしまうことを極端に恐れます。

独占欲が強すぎるあまり、実際には恋人関係や独り占めの状況を脅かすことがない人物に対しても嫉妬したり、警戒したりしてしまい、人間関係において色々な悪影響を与えることもあります。

独占欲を使った文章・例文

  1. 独占欲が強い彼は、彼女の携帯電話の連絡先にある男性の電話番号を勝手に消した。
  2. 彼女は、彼に対する独占欲が強いがあまり、彼の仕事先の女性の同僚に嫉妬している。
  3. 恋人に対する独占欲が強いと、かえって恋人の心が離れてしまうから気をつけた方が良い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ