「かしましい」とは?意味や使い方を解説!

「かしましい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「かしましい」について解説します。

目次

  1. かしましい
  2. かしましいの意味とは
  3. かしましいの使い方・例文

かしましい

「かしましい」という言葉をご存知でしょうか?

昭和の女性漫才トリオ「かしまし娘」が、「♪ウチら陽気なかしまし娘」なんて歌っていたのは今は昔。
若者には馴染みのない言葉かもしれませんね。

今回は、そんな「かしましい」について解説します。

かしましいの意味とは

「かしましい」とは、「耳障りでうるさいこと、やかましい」という意味です。

漢字では「姦しい」と書きます。「姦しい」という漢字が「女」がみっつ重なっていることから、「女三人寄れば姦しい」ということわざが生まれました。

「女三人寄れば姦しい」とは、女性はおしゃべりだから、3人もいたらうるさくてかなわないという意味です。

「女三人寄れば姦しい」の類似のことわざ

以下に、類似したことわざを挙げます。

  • 女三人寄ると富士の山でも言い崩す
  • 女三人寄れば市をなす
  • 女三人寄れば囲炉裏の灰飛ぶ
  • 女三人寄れば着物の噂する

かしましいの類語

「かしましい」の類語には以下のようなものが挙げられます。

・やかましい(喧しい)
 【例文】あちらこちらで騒音がひっきりなしに鳴り響き、やかましいことこのうえない。
・かまびすしい(喧しい)
 【例文】今日も今日とて、井戸端会議に花が咲き、ぴーちくぱーちくかまびすしい。
・そうぞうしい(騒々しい)
 【例文】騒々しい音を立てて列車がホームに滑り込んできた。
・にぎやか(賑やか)
 【例文】村人総出のお祭りは、お囃子の音もにぎやかに始まった。

かしましいの使い方・例文

1.女子高の昼休みともなれば、少女たちのおしゃべりの声がかしましいものだ。
2.「女三人寄れば姦しい」とはよく言うが、うちの嫁はひとりだってかしましい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ